高瀬川とは

高瀬川(たかせがわ)は、江戸時代初期(1611年)に角倉了以素庵父子によって、京都の中心部と伏見を結ぶために物流用に開削された運河である[1]。 開削から大正9年(1920年)までの約300年間京都・伏見間の水運に用いられた。

wikipedia

高瀬川と言えば、森鴎外の「高瀬舟」の舞台ですね!

小説以外にも高瀬川は歴史的にも偉人の足跡の多い土地です。

藩邸も多数ありました

藩邸跡

・土佐藩邸
・彦根藩邸
・長州藩邸

そんな高瀬川の雰囲気を下記のギャラリーでご覧ください。

おすすめの記事